COLUMN

コラム

2022年02月28日

花嫁様の体型別!コンプレックスをカバーするおすすめのウェディングドレス

0225
ウェディングドレスを選ぶ際に、コンプレックスを抱える体のパーツや体型がどうしても気になってしまう、という花嫁様は多いのではないでしょうか。ウェディングドレスのデザインによっては、気になる部分のコンプレックスをカバーしながら、より魅力的に見せることも可能です。
今回は、花嫁様のお悩み別に、ウェディングドレス選びのポイントを解説いたします。

胸の大きさに悩む花嫁様におすすめのウェディングドレス

02251
胸の大きな花嫁様は、デコルテラインのカットが深いものを選ぶと胸元が見えすぎてしまったり、ボリュームのあるドレスを選ぶと太って見えたりしてしまうことがあります。胸元のボリュームが気になる場合は、極力胸元を見せず、すっきりしたデザインのドレスを選ぶのがおすすめです。ストレートカットのビスチェに、張りのある素材のドレスで上品にまとめてみましょう。
胸の小さな花嫁様は、ビスチェ部分にチュールの折り返しや3Dフラワー装飾などが施された立体的なドレスでボリュームをプラスしてみてください。また、レースやチュールなど、透け感のある素材でデコルテラインを覆ったデザインのドレスを選び、デコルテの骨っぽさをカバーするのもおすすめです。
ビスチェが浮いてしまったり、ずれてしまったりするのを防ぐためには、サイズの合ったドレスを選ぶことが大切です。チュノアウエディングでは、花嫁様の体型に合わせたウェディングドレスを1着ずつ丁寧にお仕立てしています。

二の腕に悩む花嫁様におすすめのウェディングドレス

02252
ウェディングドレスを選ぶ際に、二の腕の露出に悩む花嫁様は多いといいます。太さや細さを気にする人や、肌荒れを隠したい人など、二の腕の悩みは人それぞれです。
二の腕の太さに悩んでいる場合は、無理やり隠してしまうと、かえって悪目立ちしてしまう可能性があります。あえてビスチェタイプのドレスを選び、二の腕を出してみるのも一つの手です。上半身はすっきり、スカートはふわっと広がるメリハリのあるデザインのドレスを選び、バランスをとりましょう。短めのグローブは、手首の細い部分が見えるため、細見えする視覚効果が期待できます。
二の腕が細すぎる、または、肌荒れに悩んでいて隠したい場合は、スリーブの形にこだわってみましょう。ボリュームのあるデコラティブスリーブや上品なフレアスリーブ、ふんわりとしたシースルースリーブなどでさりげなく隠すのがおすすめです。

コンプレックスに悩む花嫁様におすすめのチュノアウエディングのウェディングドレス

チュノアウエディングでおすすめの、コンプレックスのカバーに役立つウェディングドレスをご紹介します。チュノアウエディングでは、デコルテデザインやカラーなど、自分好みにカスタマイズすることも可能です。

NOA0001_offwhite サイズオーダー販売価格¥48,400(税込)
34
ミカドサテンに小花レースをあしらった、大人可愛いAラインのドレスです。ストレートビスチェとすっきりしたシルエットが、胸のボリュームを抑えてくれます。ハイウエストと取り外し式のリボンでスタイルアップ効果も期待できます。

NOA0013_offwhite サイズオーダー販売価格¥130,680(税込)
02257
ネイビー・ピンク・ブルー・ホワ イトの花びらを散りばめたドレスは、ふわふわチュールのプリンセスラインが最高にキュート♡。色とりどりのフラワーは、軽やかでフェミニンな雰囲気の立体的なデザインのため、胸元を華やかにしてくれます。

NOA0042_offwhite サイズオーダー販売価格¥139,700(税込)
02256
流れるようなドレープが施された、動きのあるデザインが魅力のドレス。優美で女性らしいラインに自然と目が奪われるため、二の腕への視線を外すことができるでしょう。

NOA0008_offwhite サイズオーダー販売価格¥152,680(税込)
02258
ロマンティックなチュールの袖が、二の腕をふんわり優しく包み込んでくれる一着。2wayデザインなので、袖を付けるとオフショルダー、袖を取り外すとビスチェドレスとしても楽しめます。

■おわりに
花嫁様の体型別に、コンプレックスをカバーできるドレスの選び方をご紹介しました。体型に合わせたウェディングドレスを選ぶなら、チュノアウエディングのサイズオーダーがおすすめです。コンプレックスにお悩みの際は、参考にしてみてください。